スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才と変態

2009年08月29日 02:54

月曜日から木曜日までNHK教育で井上陽水の特集をやっていた。

40年の歴史を本人のロングインタビューや

リリーフランキー氏との対談、親交のある著名人からの

メッセージなどを中心にした内容だった。

4夜、合計4時間…

中でも印象的だったのが

「感動してもらうより、笑ってくれたほうが嬉しい」

だからシュールな思わず笑ってしまうような歌詞を作れるのか。

ただし、それだけではないのが凄いところ。

名曲「傘がない」

「都会では自殺する若者が増えている

今朝きた新聞の片隅に書いていた

それより問題は今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ…」

こんな歌詞だったと思う。

結局君に会いに行きたいけど傘がない。

前半の自殺の話が完全に無視されている。

すごいインパクトもあるし、粋な歌詞だけど

陽水さん自身最も影響されたのがボブディランらしく

中でも「I Want You」が好きらしい。

あの曲も前半部分はラブソングには程遠い歌詞だけど

サビの部分は結局「I Want You」。

君が欲しい。

なんかこういう歌詞って恥じらいがあって好きやなぁ。

「少年時代」、「最後のニュース」、「氷の世界」…

天才だと思ってたけどもしかしたら変態と紙一重?

きっと真似しようとしても誰にも真似できない。

もう一度この目でこの耳で井上陽水を確かめたくなった。
スポンサーサイト

5年ぶりのCKB

2009年06月27日 01:58

久しぶりのクレイジーケンバンド!

5年ほどご無沙汰してましたが、その間に発表されたアルバムも

買ってたのでこれだけ空いたのが自分でも不思議。


18時半ころにZEPP OSAKAに到着。

開演の19時を過ぎたら会場のテンションは一気に上昇。

特にスタンディング席の左前の方が何故か凄かった。

そんなこんなでCKB登場!

メンバーはエメラルドグリーンのジャケットとスカイブルーのジャケットに

別れて登場。かなり鮮やか。

セットリスト(かなり曖昧)

・昼顔
 (SEIYUのCM曲です。「奥さんのためなら~」ってやつ)

・てんやわんやですよ

・肉体関係Part3

以降はあやふやな記憶を頼りに…。


・ヨコスカンショック

・京浜狂走曲

 この曲大好きです。今回は「Soul Punch」からの選曲が多くて
 嬉しい限り!

・ウォーカーヒルズ・ブーガルー

・新曲(マリンタワー?)

・新曲(ガールフレンド)

 いい曲でした!朝の5時か6時に夢の中で流れてた音楽らしいです。
 曲も歌詞もそのまんまらしく、こんなことはタイガー&ドラゴン以来らしいです。

・Loco Loco Sunset Cruise

 夢つながりでこの曲かな!?

・ゆっくり跳ねる音楽

 スモーキー・テツニの生いびき…良かったです!

・暴動

・亀

・カリフォルニアロール

 この曲のモデルは剣さんの友人らしく、感動して勝手に作ったと仰ってました。

・SEXY SEXY MAMA

・スポルトマテッィク

・自動車ショー歌

 ぴったりなカバーですね。改めていい曲だ。
 のっさんはギター弾かず指揮者役でした。キダタローと紹介されてた。

・大人のおもちゃ

・ベレット1600GT

・香港グランプリ

ここから第2部

・踊り子

・長者町ブルース

・横顔

アンコールの前に

8月12日発売のアルバムからの何曲かを解説付きで紹介。

でアンコール。

・発光!深夜族

・流星ドライブ

 まさしく粋な別れでした。


たぶん順番とかバラバラですのでご容赦ください。



5年ぶりに観たけどCKBはいいバンドですね。

剣さんは本当に人の良さが滲み出てるしね。

秋にはホールツアーらしいですが、個人的にはZEPPくらいの

規模でやってくれるのが一番楽しいなぁ。

欲を言えばクアトロくらいが…。

でもどっちにしろ楽しみです。



でツアーの前にシングル&アルバム!

今日のMCで配信が主流になってCDが消えてしまうかも

そうなるとシングルという概念が消えてしまうのが悲しいと

言ってました。

本当にそうなってしまうと悲しいなぁ。

ガールフレンド(初回限定)(DVD付)ガールフレンド(初回限定)(DVD付)
(2009/07/22)
クレイジーケンバンド

商品詳細を見る


ガール!ガール!ガール!(初回限定盤)(DVD付)ガール!ガール!ガール!(初回限定盤)(DVD付)
(2009/08/12)
クレイジーケンバンド

商品詳細を見る

【ネタバレあり】のほほん

2009年06月14日 01:13

えー今日はハナレグミのライブに行ってきました。

場所は大阪城野外音楽堂。いい雰囲気です。

夕方の5時からスタートということで始めは明るいけど

だんだん黄昏れていき、終演の8時前には完全に夜の帳がおりているという

まー何ともいい感じです。

覚えてる限りセットリストを…。

・あいのわ(NEWアルバムからの1曲)

・音タイム

・家族の風景

・マドベーゼ

・心空

・うららかSUN

・ボクモードキミモード

・Jamaica Song
 オリジナルは午後の紅茶のCM曲です。

・Lucky(Supercar)

・Fishmansのカバー(曲名わかりません)

・People Get Ready
 (名曲です。カーティス・メイフィールドのオリジナルも是非!)

・かえる(Guest・マダムギター長見順)
 カエル役で3人客席からステージに上がってました。
 少年面白かったです。

・BO GUMBOSのカバー

・そして僕は途方にくれる

・ハンキーパンキー

・踊る人たち

アンコール

・サヨナラCOLOR
 曲の途中ステージから降りて客席の真ん中がステージに!
 芝生席の最前列だったのでかなり興奮!

・明日天気になれ
 引き続き客席から

・光と影
 これも客席から。
 照明がすべて消えて暗闇の中で歌う姿は感動的でした。


アンコール2

・スパゲティのびのび
 幻の!?未発表曲

・きみはぼくのともだち
 これも未発表曲

・MUSICA
 ブルーの照明きれいでした。

抜けてるとこ、間違ってるとこ多々あると思いますがご勘弁を!


いやーのほほんとした雰囲気のいいライブでした。

歌いだすと音楽堂の天井にいる鳥がやたら鳴き出したり

ベイビーがファンキーなシャウト(泣き声)を聞かせてくれたり

永積さん曰く「失恋したのでは?」とか言ってましたね。

そしてやっぱり興奮したのはアンコール。

まさか客席の真ん中で歌ってくれるなんて!

スピーカーを通す声よりも微妙に先に生声が聴こえてきて

近くで歌ってくれている実感が沸きました。

「光と影」は鳥肌立ちました。

9月にはツアーありますが、もうチケットGETしたので楽しみ。

その前にNEWアルバム「あいのわ」ね。

一度会わないと困る

2009年06月02日 23:53

今日で清志郎さんが勝手に旅立ってしまってから

ちょうど1か月。

そんな今日寛平ちゃんのアースマラソンの番組をやってた。

番組の最後に清志郎さんが亡くなった知らせを受けて

泣き崩れる寛平ちゃんが映し出された。

泣けた…。

大事な人を失うってのはあーいうことなんだと思う。

自分も大事な友人を亡くしたことがあるのでよくわかる。



この1か月やたらと清志郎さんの音楽を聴いてる。

確実に5月1日までよりも聴いてる。

今頃遅いけど大好きになってしまったぢゃないか!

いい曲いっぱい残してくれてありがとう!

http://www.youtube.com/watch?v=fkajiEyel7I

愛してるぜ、ベイビー。

光と影と恐ろしき20歳

2009年05月26日 23:20

今日はハナレグミの久し振りのNEWシングル「光と影」の

入荷日ということで早速タワレコへ。

このご時世、そしてこの厳しい財政状況の中、MAXIを購入しようという心意気!

本当にレコード協会から表彰して欲しい。

しかも1か月もすればアルバム出るしね。

まあそんなことはどーでもよくて。

中身…すごいいいです!

特に「光と影」は今までのハナレグミのイメージをいい意味で裏切ってくれた。

今まではなんか身近な感じ音って感じだったけど

今回はすごい遠くて壮大。これはアルバムにも期待!

さらにカップリングのライブ収録は鳥肌たちますね。

6月のライブが楽しみだ。

光と影光と影
(2009/05/27)
ハナレグミ

商品詳細を見る


↓こっちはアルバム。

あいのわあいのわ
(2009/06/24)
ハナレグミ

商品詳細を見る



で、これで帰れば良かったのにタワレコに行くとついつい寄り道してしまう。

LAURA IZIBORという女性ソウルシンガーのアルバムを買ってしまった。

Let the Truth Be ToldLet the Truth Be Told
(2009/05/18)
Laura Izibor

商品詳細を見る



20歳らしいです。でも20歳の声じゃない迫力。末恐ろしい。

エイミーワインハウス好きな人は好きかも。

ただエイミーほど60年代にタイムスリップって感じではなくて

昔のフレイバーは残しつつも今のソウルって感じ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。